ステラ・ポラーレに続き新たなショップがオープン(アモーチェジュエリー)

かつて和田氏のグループ会社として有限会社東京レアコインというペーパーカンパニーが存在していた。
この会社はその後、2014年に株式会社アモーチェに商号変更、本店も和田氏の自宅で登録していた東京都目黒区から横浜市に移転する(タクンサワン(掛川)明美氏が代表を務める株式会社ローズヒップカンパニーと同一所在地)。

クリックで拡大

2017年1月21日追記
登記事項証明書を取り直したところ、昨年9月30日付でタクンサワン明美氏が取締役を辞任、和田氏一人のみが(代表)取締役に就任していたことが判明。本店も10月3日付で銀座に移転。

クリックで拡大

アモーチェについてはブログ等で一般に告知されることはなく、目立った動きは無かったのであるが、最近になり「アモーチェジュエリー」という名でサイトを立ち上げ本格的に活動を始めた。
http://amorcejewelry.com

上記サイトを見る限り、アモーチェジュエリーはギャラリープレシャス社が販売するアンモライトのうち、ジュエリー商品を扱う部門としてオープンしたと思われる。
ただ、個々の商品説明では販売金額や購入方法の表示がされておらず(コーライト社製品のみ希望小売価格が記されている)、積極的に販売を行うという姿勢は感じられない。

また、ジュエリーの製作や販売はローズヒップカンパニーの業務であり、あえてアモーチェジュエリーとして同じビジネスを起こす必要性があるのか、という疑問もある。
この点に関しては、ローズヒップカンパニーをもう一つの主たる業務であるギャラリープレシャスグループの顧客管理業に特化させる狙いがあるのかもしれない(顧客管理等の事務処理は、コレクターズ・ジャパン時代から掛川氏及び妹の諸橋恵利加氏が担当していた)。
現在もグループ会社の事務処理はローズヒップカンパニーが担当しており、先日有料化したGLOBAL EYEブログの入会手続きや会員の管理は同社が請け負っている。

今後、アモーチェジュエリーがどのような業務展開を行うのか、独立時計師の高級時計を取り扱うステラ・ポラーレと共に注視していく必要がある。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。