薬師如来像(国分寺)

和田英之EYE

スポーツ、オリンピック関連記事

2013年08月06日
スポーツマンシップ
今回の世界水泳選手権で最後に19歳の選手が400メートル個人メドレーで金メダルを取りましたが、期待されていた主要選手は全滅となっていました。(この400メートル個人メドレーはアメリカ等主要国が力を入れていない種目であり、日本が今後も勝ち続けるかも知れません)その中で、メドレーリレーでアメリカが失格したことで4位だった日本が3位に繰り上げとなり銅メダルを獲得していましたが、その際の日本選手の騒ぎぶりは異常であり、失意にうちひしがれていたアメリカ選手への思い遣りは微塵もありませんでした。スポーツをやってきた者からすれば、彼らにスポーツマンシップはどこにいったのか、と問い質したい程です。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-daydream/archives/2013-08-06.html

 

2013年08月24日
安倍総理 G20を切り上げてIOC総会へ
日本は今はオリンピック開催どころの話ではなく、福島原発解決を世界にお願いする段階にあるということを理解していない国になっているのです。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4522015.html

 

2013年08月31日
これではオリンピック招致の資格なし
以下の報道がされていますが、これで日本はオリンピック招致の資格はあるでしょうか?オリンピック開催候補を返上し福島原発問題に全力を投入するべきだと言えます。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/2013-08-31.html

 

2013年09月05日
トルコ(463,885人の難民受け入れ)
わが日本政府・マスコミがオリンピック招致に熱狂している中、連日2,000人から3,000人のシリア難民が発生し周辺諸国に流れ込んでおり衛生問題で危機的状況になりつつあるとウオールストリートジャーナル紙は報じています。
経済的にも苦しいトルコが50万人近い難民を受け入れて国際貢献している中、日本は一体どうなっているのでしょうか?
例え、日本がオリンピック招致に成功しましても、世界は日本を評価するでしょうか?
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4529889.html

 

2015年07月17日
新競技場の埋蔵文化財発掘調査は?
ここまでダメダメとなれば、東京オリンピックを返上することも考えても良いといえます。
日本人の緻密さが全くない今回の競技場建設問題であり、ここは一旦撤退した方が良いかも知れません。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-daydream/archives/44802663.html

 

2015年08月30日
最新の競技場(新国立競技場)が冷房なしに
エンブレム問題もあり、ここまでややがついた以上、すべてを白紙に戻し、東京オリンピックは返上するという方向にもっていけばよいのではないでしょうか?
こんな状態で準備を進めてまともなオリンピック開催が出来るのかどうか。
昔の日本人ならこんな無様な形にはならなかったはずであり、日本人の劣化がここでもいかんなく発揮されていると言えます。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-daydream/archives/45253629.html

 

2016年08月14日
複雑になりつつある国際情勢と激動する投資環境
今、世界が揺れ始めていますが、日本のマスコミはオリンピック報道一色で全くという程、激動しつつある国際情勢を報じていません。
http://www.globaleye-world.com/2016/08/2069.html

※和田氏は柔道の経験もあるスポーツマンだったようですが、全くという程、リオ五輪での日本人選手の活躍に触れません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。