シージェイレスキュー

ギャラリープレシャス社HPによると、グループ会社である株式会社シージェイレスキュー・アンド・サポート(以下、CJレスキューという。)は、その存在意義がなくなったことを理由に解散するとの事である。

2005年、和田氏は和歌山県白浜町にて農業を通じてホームレスや寡婦らの生活支援を行うプロジェクトを公表、翌2006年にCJレスキューを設立する。
当初数年間は京都の児童施設の子供たちを白浜に招待したり、ホームレスの就労支援をしていたが、その後は活動休止状態だった様である。しらはまだよりという特設サイトも、2010年11月を最後に更新が止まっている。

一方、CJレスキュー設立当時、和田氏は「CJレスキュー会員募集」なる名目で顧客らから支援金を募り、数百万円もの浄財を集めていた。
しかし、会員に対する決算報告は殆ど行われず、支援金がどのように利用されていたのか、どれだけ残っているのかについて会員らは全く知らされていなかった。

そもそも、社会貢献事業が目的であるにも関わらず、なぜ営利を目的とする株式会社形態なのか?
CJレスキュー会社登記簿の目的欄を見ると、

1.農業
2.林業
3.漁業
4.水産養殖業
5.農林地の維持、取得及び管理
6.人材育成のための教育事業並びにカウンセリング
7.労働者派遣事業
8.人材の募集に関する情報提供サービス
9.出版物の企画、発行及び販売
10.美術館の管理及び運営
11.各種催事の企画、制作及び運営
12.美術品の輸出入及びその販売・購入
13.アンティークコインの輸出入及びその販売・購入
14.版画の輸出入及びその販売・購入
15.陶磁器・ガラス器の輸出入及びその販売・購入
16.ウェブサイト及びインターネットホームページの企画、制作及び運営
17.オークションの企画及び運営
18.化石の輸出入及びその販売・購入
19.ゴルフクラブの輸出入及びその販売・購入
20.ペンション、ロッヂ及びプチホテルの経営
21.リゾート施設の経営
22.飲食店の経営並びに食品の輸出入及び販売
23.はり、灸、マッサージ業務並びにリラクゼーションサロンの経営
24.ネイルサロンの経営並びに化粧品の輸出入及びその販売・購入
25.不動産の売買、交換、賃貸借及びその仲介並びに所有、管理及び運用
26.有価証券の保有、運用、投資及び売買
27.投資事業
28.経営コンサルタント業務
29.上記各号に附帯関連する一切の業務

 

となっており、大半が社会貢献事業とは無縁の目的である。
多くの顧客から善意を受け取った和田英之氏及び西村沙織氏には、納得できる説明をする責任があるのではないだろうか。

株式会社シージェイレスキュー・アンド・サポート登記簿 (クリックすると拡大します)

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 渋谷で働くある社員
    • 2016年 7月 14日

    平成21年から26年まで取締役に就任していた小村建夫は、大阪の元顧問弁護士だね。

    • ミスターX
    • 2016年 7月 13日

    根っこから、人間が腐っている。

  1. この記事へのトラックバックはありません。